元気、自立、自分らしさ

言うまでもなく、リハステージ、きらら会は、予防の視点も含めた介護事業、医療事業を主体とする法人です。
では、介護とは何でしょう。
お世話? お手伝い?

 

介護保険法 第一条に以下の記載があります。

 

第一条
この法律は、加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病等により要介護状態となり、入浴、排せつ、食事等の介護、機能訓練並びに看護及び療養上の管理その他の医療を要する者等について、これらの者が尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、必要な保健医療サービス及び福祉サービスに係る給付を行うため、国民の共同連帯の理念に基づき介護保険制度を設け、その行う保険給付等に関して必要な事項を定め、もって国民の保健医療の向上及び福祉の増進を図ることを目的とする。

 

下線部に着目してください。
わかりやすく言い換えると、次のようになります。
「介護とは、介護が必要となった方に対して、その方々の能力に合わせたサービスを提供し、自立した生活を送ることができるように援助すること」

 

要するに、ただ単に、身体のお世話や生活の支援をすることが介護ではなく、ご利用者が尊厳を持って自立した生活を送ることができるように個々に支援していくこと、それが「介護」です。
人間の生活機能(生活していく力)は、その人自身の機能(病気や障がいの有無、年齢や性別など)と周囲の方々や環境によって決まります。また、「健康」は、単に身体や心に病気がないというだけでなく、人間としてどのような活動をし、どのような役割を持っているかで大きく変わります。たとえ障がいや病気があっても、人間として健康な生活を送っている人もいれば、そうでない人もいます。


尊厳のある自立した生活には、心身機能・身体機能の状況把握(機能評価)に基づいた様々な専門職による関わりが必要です。
介護サービスを提供することで、
 ご利用者の生活機能が少しでも良くなる(元気になる)、あるいは維持される
 ご利用者の「できること」が増える
 そして、ご利用者の意欲が引き出され、何かをしたいという思い(活動意欲)が芽生える
 そしてさらに、できることや役割が増える

 

これは生活や動作、日々の過ごし方に選択肢が生まれることを意味します。
選択肢こそが尊厳であり高いQOL(Quality of Life)の源であると思っています。


機能訓練により不調な箇所を改善する、様々なお手伝いや支援によりできることが増える、不調が良くなり、できることが増えることで自信をもつ、自信を持つことで少しでも外へ出る意欲につながる、そのような姿をみた家族も利用者を見る目が変わる、これらは、いろいろな職種やそれぞれに得意の様々な手段で関わることで実現できます。

お世話が必要な方にも、ただ単にお世話をさせていただくのではなく、必要な介助、介護を必要な量だけ適切に提供し、できることはなるべくご自分でしていただく、少しでも快適に過ごしていただくことが大切で、そのためには、適切なケアプランと専門家によるアセスメントに基づいて、プロである多職種が関わるというチームアプローチが重要となります。

また、ご利用者を大切にするために、関わる職員も大切にし、職員の元気がご利用者の元気につながる、ご利用者の元気が職員を元気にする、この正の連鎖によって、ご利用者に提供するサービスの質がさらに向上する。

このような好循環を実現させるために、組織はご利用者、職員を含めて、「人」を大切にし続けなければなりません。


グループの理念である、元気を応援する、元気を創る、一歩を応援する、「自分らしさ」を発揮する、光り輝く日々を、これらは、ご利用者やそのご家族だけでなく、社員、職員にも向けた言葉でもあります。

 

事業本部 本部長
大工谷 新一


ミューオフィス グループ 医療法人きらら会・株式会社リハステージ 事業所スローガン紹介!

4月の代表ブログでご紹介した、ミューオフィス グループ法人の今年度のスローガンに続き、今月は医療法人きらら会、株式会社リハステージの各事業所のスローガンをご紹介いたします。
スローガンを胸に、スタッフ一同 誠心誠意努めて参ります。よろしくお願い申し上げます。

 

<医療法人きらら会>
■きららクリニック
「ゼロからのスタート 〜言葉かけ寄り添う気持ち 作る安心〜」
4月から「きららクリニック」に名称変更となり、医師が変わり、患者様に動揺・不安がある中、私達スタッフ一同が患者様目線で物事を見、変化に気づき、いち早く声かけが出来るようにし、来て良かったと安心して帰っていただける様なクリニックにしたい、という気持ちでスローガンをあげました。イメージをプラスへ。まさに、ゼロからのスタートです。

 

■通所リハビリテーション デイ・ケアきらら
「変化 〜できる自分に変えていく〜」
利用者様の「手伝ってくれる」「お世話をしてくれる」という気持ちとスタッフの「お世話をしてあげる」という介助の考え。デイケアとして自立支援を目標に、まずはこういった気持ちからの脱却を目指します。これからは、利用者様は出来なかったことを「出来る」様に変わって頂き、スタッフは利用者様の出来なかった事を「出来る」にするためご支援いたします。

 

■認知症対応型通所介護 きららくらぶ
「One for all All for one」
きららくらぶスタッフは「きららくらぶ」のために。きららくらぶは「地域共創に資する」ために。自分の役割を果たすことが、地域の中での役割を果たすこととなります。
其々がそれぞれのシーンでそのポジションを理解し、お互いをリスペクトし合いながら自分の役割を果たす。そうすることで、支援・活動・社会参加を通してのサービス提供マネジメントを達成していきたいと考えます。

 

■訪問介護 ヘルパーステーションきらら
「自立支援介護の実現を!利用者様と一緒に出来ることを増やそう!」
今年度の介護報酬改定では、訪問介護においても「お世話」から「自立支援」へと考え方やサービス内容の転換を求められています。
当事業所では、医師やセラピストとの連携を強化するなどして自立支援介護の実現を目指し、利用者様が日々の生活の中で出来ることを増やしたいと思います。また、スタッフも出来る事を増やし、利用者様と共に成長して参ります。

 

■住宅型有料老人ホーム きらら1番地
「more commitment 心配する・献身的に・共に苦しむ・責任を果たす」
有料老人ホームは24時間365日稼働しています。入居者様の日々刻々の生活動作の変化等を伺い知ることが出来る故に、もっと心を配り、苦楽を共にし、利用者様と居る、ではなく、「利用者様と有る」と心がけて「関わり」を深く、長く、ご自宅の延長線のような環境づくりに献身し、居心地の良い、癒される施設を目指します。

 

■ケアプランセンター 居宅介護支援事業所きらら
「ケアマネジメントの質の向上 〜自立に向けて 公正中立なケアマネジメント〜」
人材を確保し、外部研修にも積極的に参加する事と、事業所内の伝達講習や勉強会・事例検討会を通して情報収集に努め、医療と介護の両面から個々にあったより良いケアマネジメントが出来るようにという事と、今回の法改正で求められているターミナルの利用者に対する質の高いマネジメントにも対応できるよう、事業所全体で頑張っていきます。

 


<株式会社リハステージ>
□訪問看護ステーション リハステージ 
「専門性を生かした地域連携を 〜医療・介護の連携強化〜」
近年の高齢化に伴い、医療・介護の需要の増加が見込まれています。そこで「どこに住んでいても、適切な介護・医療サービスを、切れ目なく受けることができる体制を整備すること」が急務となっています。当事業所では、看護師・理学療法士・作業療法士の専門職スタッフによって地域の病院や介護事業所等と密に連携を図り、皆様の「自分らしい暮らし」をご支援できるよう取り組んで参ります。

 

□デイサービス リハステージ日本橋
「こころをひとつに想いと共に 〜一歩ずつ前へ〜
利用者様お一人おひとりの様々な想い(目標)を実現させるためには、利用者様、スタッフが心をひとつにし、連携のとれたサービス提供が必要になってきます。
利用者様の活動・参加に向けて、一歩ずつ前進していけるようにご支援していきたい、というスタッフ一同の想いをスローガンにこめました。

 

□デイサービスリハステージ中津
「想いに気付き、形へ」
利用者様が抱えておられる様々な想い。今年度はより一層、利用者様の想いに気付き、目標を引き出せる様な関わり方ができればと思い、このスローガンにいたしました。皆さまの想いに少しでも応えられるよう、サービスの充実に努めます。今年度もよろしくお願い致します。

 

□デイサービス リハステージ上新庄
「基本を大切に明るく元気に更なる向上に向けて!〜知覚動考(ともかくうごこう)〜」
昨年度は「為せば成る、為さねば成らぬ何事も…」を念頭に、基本的なことからコツコツと積み上げてきました。その結果、利用者様も増え、明るく元気な事業所へと少しずつ成長してきました。
今年度も昨年度実施してきた事を大切にし、更なる向上に向けて、どうすれば良いかを「考え」、色々な事を「知り」、「覚えて」、とにかく「行動」していきます。
上新庄事業所が、更に、明るく元気で笑顔あふれる「楽しい居場所」となるよう努めていきます。楽しい運動・リハビリテーションを通じて、利用者様のあゆみの一歩を応援していくことで、利用者様、スタッフ共に、「豊かな成長」に繋がればと思います。

 

□居宅介護支援事業所
「原点回帰と地域に根差したケアプラン作成」
昨年度は実地指導がありました。今年度はコンプライアンスを重視して、適切なケアプラン作成を目指します。また、当社ネットワークを含め近隣の社会資源を利用しながら、地域に密着したサービスとその質の向上を、ケアマネ目線だけでなく利用者様の立場に立って感じ、考えながら、より自立支援を促進するご支援を行いたいと思います。


リスク管理意識


こんにちは、居宅介護支援事業所リハステージの細川澄人です。
リハステージに入社して既に2年3か月がたちました。この時期になると毎年のように東北の大震災等、震災関連のニュースをよく目にします。
あの震災からすでに7年、いまだに震災に合われた方や遺族は悲しみと苦労が続いている状況を目にします。関西にいるとまるで他人事のように思われますが、いずれ来るだろう南海トラフの大地震に一体どうなってしまうのだろうか?神戸の地震の時とは比にならない被害が発生するのだろうか?と心配になります。


普段からあまり地震について考えることもないとは思いますが、半年ほど前に西区の防災研修で津波の研修を受けました。大阪市内は津波が川を遡り、思わぬ被害が想定されることも分かってきました。大正区や西区、西成区の川沿いは特に注意が必要でしょう。

 

「震災(天災)は忘れたころにやってくる」


という言葉がありますが、日本では過去から繰り返し様々な天災に遭遇し、それを乗り越えて生活をしてきました。ただ、残念ながら過去の教訓を生かし切れずに、同じ被害や同じミスを繰り返してきた歴史でもあるようです。

津波でも、各地に津波てんでんこや稲むらの火など、心構えを後世に伝えようとした努力がうかがえます。が、時間が経つと共に忘れ去られていきます。
これほどの大被害に関わらず、他人事のように思っていたり、時間が過ぎて記憶からなくなりつつあると、当事者意識はなく、同じミスを繰り返してしまうようです。

 

仕事においても全く同じことが言えると思います。
我々の仕事も移動がつきものですが、車の運転や自転車やバイクでの移動についても常に事故のリスクが伴います。安全運転に努めることは当たり前として、過去に色々な事故や貰い事故、過失のある事故等、会社としての負の財産からも学ぶべき点は多いはずです。自社の事故だけでなくても、介護業界で起きている事故や様々なトラブルも、なぜそんなことが起こったのか?自分たちには同じようなことが起こらないか?を検証するだけでもいいでしょう。

 

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。と言うように、過去の失敗から(自分が失敗せずに)学習し、リスク管理意識を向上させることがより必要になっています。
様々なリスクに備え、日々の感覚を研ぎ澄ますことも大事ではないでしょうか?

 

介護事業部 居宅介護支援事業所

主任  介護支援専門員 細川


<< | 2/33PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

staff list

selected entries

categories

archives

links

others

search this site.