健康長寿を実現する 〜高齢者の運動の必要性と食事の大切さ〜

年をとり体が弱ることは自然の現象です。
加齢により「筋力の低下や活動量の低下、歩行速度の低下、易疲労性、体重減少」のうち3つ以上がみられる場合を『フレイル』といいます。
フレイルは加齢による虚弱を示し、そのまま放置していると身体機能障害を生じ、介護が必要となる状態です。

 

 

しかし、フレイルの状態であるうちに適切な介入を行うことで健康な状態へと改善し、健康寿命を延ばすことも可能です。
加齢による筋肉の衰え(サルコペニア)や骨や関節、筋肉の運動器に障害(ロコモティブシンドローム)を抱えていると、フレイルになりやすくなります。
運動やリハビリテーションなどはサルコペニアやロコモティブシンドロームのリスクを低下させ、身体機能の低下、生活機能の低下をきたすフレイルの状態となることを遅らせるのに有効です。
運動すると気分転換やストレスの発散となり、精神的な安定を促すこともできます。
ストレッチングや筋力トレーニングは、腰痛や膝痛などの運動器のトラブルの改善も期待でき、心肺機能を高める運動によって風邪などの感染症にかかるリスクも低くすることが可能です。
また、運動を行うことで体力や体型に自信が持てることによって自己効力感が高まり、生活の質の向上にも役立ちます。

 

フレイルを予防するには食事も重要です!!
肉や魚、豆腐や納豆、牛乳やヨーグルト、卵などタンパク質をしっかりとりましょう。
そして、野菜と果物で ビタミンとミネラルをバランスよくとることも大切です。

 

 

「歳のせい」と考えられていた身体の変化の多くは、生活習慣 に少し気をつけることで改善し、健康寿命を延ばすことが可能です。
少し心掛け、実践してみませんか。

※病状により、食事に関しては医師または栄養士の指導が必要です。

 

 

訪問看護ステーション リハステージ
理学療法士 岡田 雄也


リスク管理意識


こんにちは、居宅介護支援事業所リハステージの細川澄人です。
リハステージに入社して既に2年3か月がたちました。この時期になると毎年のように東北の大震災等、震災関連のニュースをよく目にします。
あの震災からすでに7年、いまだに震災に合われた方や遺族は悲しみと苦労が続いている状況を目にします。関西にいるとまるで他人事のように思われますが、いずれ来るだろう南海トラフの大地震に一体どうなってしまうのだろうか?神戸の地震の時とは比にならない被害が発生するのだろうか?と心配になります。


普段からあまり地震について考えることもないとは思いますが、半年ほど前に西区の防災研修で津波の研修を受けました。大阪市内は津波が川を遡り、思わぬ被害が想定されることも分かってきました。大正区や西区、西成区の川沿いは特に注意が必要でしょう。

 

「震災(天災)は忘れたころにやってくる」


という言葉がありますが、日本では過去から繰り返し様々な天災に遭遇し、それを乗り越えて生活をしてきました。ただ、残念ながら過去の教訓を生かし切れずに、同じ被害や同じミスを繰り返してきた歴史でもあるようです。

津波でも、各地に津波てんでんこや稲むらの火など、心構えを後世に伝えようとした努力がうかがえます。が、時間が経つと共に忘れ去られていきます。
これほどの大被害に関わらず、他人事のように思っていたり、時間が過ぎて記憶からなくなりつつあると、当事者意識はなく、同じミスを繰り返してしまうようです。

 

仕事においても全く同じことが言えると思います。
我々の仕事も移動がつきものですが、車の運転や自転車やバイクでの移動についても常に事故のリスクが伴います。安全運転に努めることは当たり前として、過去に色々な事故や貰い事故、過失のある事故等、会社としての負の財産からも学ぶべき点は多いはずです。自社の事故だけでなくても、介護業界で起きている事故や様々なトラブルも、なぜそんなことが起こったのか?自分たちには同じようなことが起こらないか?を検証するだけでもいいでしょう。

 

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。と言うように、過去の失敗から(自分が失敗せずに)学習し、リスク管理意識を向上させることがより必要になっています。
様々なリスクに備え、日々の感覚を研ぎ澄ますことも大事ではないでしょうか?

 

介護事業部 居宅介護支援事業所

主任  介護支援専門員 細川


「気づき」と「自己研鑚」

はじめまして。1月からグループ法人 顧問としてR&Dセンターに勤務している高路(コウロ)と申します。見慣れない名字で覚えにくいと思いますが、ぜひ覚えていただきたいと思います。

まずは自己紹介から。兵庫県宍粟市出身の理学療法士です。趣味はスポーツと食べることです。理学療法士として勤務する傍らスポーツトレーナーとして活動しています。

 

理学療法士やトレーナーとしてだけではなく、人と関わりながら生活していく上で私自身大切にしていることがあります。それは「気づき」と「自己研鑚」です。
人と関わることはたくさんの「気づき」を生みます。その「気づき」は多くの「興味」を生みます。その「興味」は「自己研鑚」を生みます。ちょっとしたことに気づけるかは、いつも大きく変わることのない日常に楽しみを与えてくれます。

 

医療・介護・スポーツの世界でも「気づき」はとても重要なことだと思っています。患者様、利用者様、ご家族様の少しの変化に気づくことができれば、よりよいサービスが提供できると思います。体調の変化等に気づくことができれば事故も防ぐことができると思います。

 

先輩と話す際も、後輩は先輩が話している内容の意図を気づけるか、理解しようとすることが大切だと思います。
後輩指導においても、先輩は後輩に気づかせることができるかが大切だと思います。伝えたいことを一所懸命話しても後輩が気づかなければ、心に伝わらなければ不十分な指導になりかねません。

私は1年かけて、今まで以上に「気づき」ができるスタッフになっていただけるよう、関わっていきたいと思っています。

 

時に自分の不甲斐なさに「気づく」こともあるでしょう。より質の高いサービスを提供するために必要なことに「気づく」こともあるでしょう。そこから「自己研鑚」が生まれます。
自分を人として高めていくことが、患者様、利用者様、ご家族様によりよいサービスを提供することに繋がる、よりよい方法だと思っています。
スタッフの皆さんと共に「気づき」、共に「自己研鑚」し、お互いを高め合うことができる人に私自身もなっていきたいと思っています。

 

私自身まだまだ未熟ですので、皆さんから気づきをいただくこともとてもたくさんあると思います。一緒に人として高め合いながら、よりよい会社を、よりよい社会を築いていきたいと思っています。共にがんばっていきましょう。


グループ法人 顧問

事業連携教育本部 R&Dセンター 高路


<< | 2/33PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

staff list

selected entries

categories

archives

links

others

search this site.