勇気とともに行動に

訪問看護ステーションの理学療法士、岡田です。
リハステージに入職して5年が経過し、ブログを書くのも3回目となりました。
入職当初は20代、若手と思っていたのも束の間、ステーション内ではあっという間に中堅になっていました…。

 

話は変わりますが、リハビリテーションで訪問している利用者様のお話をさせて頂きます。
この方は、以前はバリバリと働いておられた方ですが、難病の発症・悪化とともに早期退職をされています。
しかし、現在もとてもアクティブで前向きなモチベーションを持って生活をされていて、ご自身がやりたいこと、思ったことを行動に移せる方です。


ひとつ例に出すと、その方はご自身が入院中、入院されている身でありながら病院を巻き込み、他の患者様を巻き込み、自身が良いと思ったリハビリテーション・レクリエーションを、講師として病院で指導されていたというのです。
一連の流れとしては、その方は入院中「病院でも私ができることはなんだろう?」といったことを考え、ご自身の得意分野の企画を病院に提出し、企画のプレゼン・修正を行い、実施にこぎつけたと。企画は大成功し、入院期間中は毎日行われ、他の患者様も大満足。同じ難病の方も勇気付けられて一緒に頑張れたと。

 

衝撃ではないですか?「活動」と「参加」、病院から始まっているのです。しかも患者様発信!! そんな発想・行動力は、逆に医療人側は当て嵌められた枠の中でばかりのイマジネーションになってしまい、思いもつかないですよね。枠にとらわれないというか、率直にすごいです。

 

超高齢化社会、2025年、地域包括ケアシステム、「活動」と「参加」、よく耳にするフレーズで、実際問題、頭が痛くなるような課題は満載ですが、良いものを提供することに決まった正解はないと思います。
アイディア、モチベーションを勇気とともに行動に移し、より良いものを、このリハステージから発信して行きたいと思います。


*ちなみにこの方は復職(社会復帰)を強く望まれており、これからご支援していきます!

 

訪問看護ステーション
主任 理学療法士 岡田



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

staff list

selected entries

categories

archives

links

others

search this site.