父の日に

こんにちは。居宅介護支援事業所リハステージの植村昌弘です。
日ごろお世話になっている皆さまに、心より感謝申し上げます。

 

ケアマネジャーとして働いていると、ふと、両親のことが気になる時があります。
自宅と実家は自動車で15分ほど。決して遠くない距離ですが、盆と正月の年2回程度しか両親に会っていません。「会いに行くのが気恥ずかしい」というのが正直なところで、特に何も連絡がないと、「両親は元気だ」と思い込んでしまいます。

 

「このままでは良くないな…」と思い立ち、父の日を口実に実家に顔を出すことにしました。
今まで妻に任せきりで、自分から感謝の気持ちを表していなかったと反省し、気持ちを伝える方法をアレコレ考えてみましたが、なかなか喜ばれそうなことを思いつきません。
「何をしようか、何をプレゼントしようか」と、ひと月ほど悩んだあげく、何も準備できずに迎えた父の日、当日。(父は75歳で、日本人男性の平均寿命まであと5年…)
結局、妻が用意してくれた、うなぎの詰め合わせギフトを持って実家に行きました。

 

両親との団欒のひと時。
妻が用意した手みやげを渡す際、自分で(品物・商品を)選ぶことができなかったと正直に伝えると、父は、
「私は何も要らないよ、こうしておまえが元気な姿を見せてくれるだけで満足やで、がんばりや〜」とひと言。
目頭が熱くなってしまいました。
(「がんばりや〜」は、仕事?家庭??)

 

『便りのないのは良い便り』
(知らせがないのは無事(ぶじ)に暮らしているということだから、心配(しんぱい)しなくていいということ)
とはいいますが、決してそんなことは無いと思います。
「少しでも時間があれば両親と話をしに行こう」
「両親のことをもっと知ろう」
「今以上に両親に感謝の気持ちを伝えよう」と、こころ新たに。

 

「後悔のない人生を生きる」ことはなかなかに難しいものですが、自ら後悔を作るのではなく、仕事も家庭のことも積極的に取り組んでいこうと決意を新たにしました。

これからもケアマネジャーとして人との出逢いに感謝し、これからも一生懸命、頼れるケアマネジャーとして認めてもらえるよう、日々成長したいと思います。

両親にも喜んでもらえるように…。

 

居宅介護支援事業所

主任 植村



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

staff list

selected entries

categories

archives

links

others

search this site.