ドキドキ、もう嫌や、このプレッシャーや緊張は…でも…。

スタッフの皆さん、あの時の事を想い起こしてみてください。
昨年の12月9日(土)、19時より大阪城近くにあるKKRホテルにて開催された、リハステージの忘年会。
当日はとても寒く、また年末の繁忙期の中ではありましたが、フランチャイズの方々など関係者を含めた総勢68名で、盛大な宴会を楽しみました。


 
「自分はプレッシャーに弱くて緊張しぃで、人前に出て話をするのが苦手である」
私自身あまり気付かれないようにはしているのですが、実はとてもプレッシャーに弱く、人前で話しをすることが苦手です。(こう言うと、そうは見えない!と言われますが…)
今回の忘年会でも余興の一部を任され、依頼された時からドキドキ緊張しまくりで、毎日色々と考えながら過ごしていました。

実は今だから話せるのですが、余興は、「歌が終わって笑いをとって退場」の流れで、5〜6分程度の予定でした。しかし当日の朝に、「20分〜30分場を持たせてほしい」と司会進行の方から言われてしまったのです…。「どう繋げようか?」と、なかなか良い案がひらめかず、とても困りました。
忘年会当日は、朝一番から本部の引っ越し作業のお手伝いがありました。作業を行い、刻一刻と過ぎる時間に緊張と焦りがピークに達した時、ふと目に留まるものがありました。
処分するものの中に、金貨ティッシュ箱や風船が置いてあったのです。
ひらめきました。
「この金貨ティッシュ箱や風船を使って、簡単なゲームができるのでは…!」
思いついたのは本番の、ほんの5・6時間前のことでした。(焦っていました…)
 

「ピンチに遭遇した時 プレッシャーや緊張を感じた時」
誰しもピンチに遭遇された経験はあると思います。プレッシャーや緊張を感じたこともあると思います。
プレッシャーや緊張を克服することはなかなかに難しいのですが、まずは失敗を恐れず、色んな事にチャレンジしようという気持ちを持つことが大切です。緊張しぃで人前で話をする事が苦手だからといって、逃げていてはチャンスを逃します。
プレッシャーを楽しもう!
このプレッシャーを克服すれば自信がつくと、自分を信じて模索しながら決断し、行動する。取り組む。壁にぶち当たり、それを乗り越えた時、ひと回り成長した自分に出会えることでしょう。
そうです、ピンチはチャンスでもあるのです。

最近、私自身も、担当させて頂いているご利用者が増え、お一人おひとりと関わる時間が短くなってしまったり、その為にうまくいかないことが発生してしまったりと、頭の中で整理できない出来ごとがありました。
うまくいかないときほど冷静に、仕事内容を整理し、仕事に打ち込み、思考錯誤しながらチャンスを待とう。そして、日々ご利用者と共に、一笑懸命に過ごしていけたらと思っています。

多くの方々との出逢いに感謝し、これからも色んなことにチャレンジしていきます。(実は、今年は本厄なのですが…)よろしくお願いいたします。


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

staff list

selected entries

categories

archives

links

others

search this site.