チームワークは仕事を楽しくする

 「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」

これは孟子の言葉です。
チャンスに恵まれても地の利を活かした戦略にはかなわない、その地の利も人の団結力にはかなわない。
NHK大河ドラマ「天地人」は、この最初の文字をとったものですが、このドラマで織田信長は「天の時」と「地の利」を味方に付けながら、「人の和」で失敗したとしています。
FIFA2010ワールドカップにも一つの事例を見ることができます。グループリーグで敗退したフランス、ベスト16まで勝ち進むことができた日本、その差は「チームワーク」だったのではないでしょうか。(にわかサッカーファンの私が言うのも何ですが)

チームワークとは、目的を共有したチームが、PDCAのワーク(自ら目標を立てて実行していく:創造的活動)をしっかり廻しながら仕事を遂行し、目的を達成していくことです。
共有する目的がなければチームワークは生まれません。
共有する目的(会社のビジョン)と自己のビジョンを重ね合わせることができなければ、本物の共有は生まれません。
お互いを尊重し、信頼し、信任できなければチームワークは育ちません。
チーム力は掛け算です。各メンバーが自分の強みを伸ばし、相補い協力しあうことでチーム力は何倍も大きなものになって成長していきます。

我が社のチームワークはどうでしょう?
今後、我が社が成長、発展を続け、そして継続して行くためには、強いチームワークを育て、チーム間の連携を図って行くことが最も重要な課題です。
課題を乗り越えていく為には、コミュニケーションを密にして、各メンバーが納得いくまで話し合うことが必要です。

・会社のビジョンは何か、今一度理解を深めて下さい。曖昧な理解なら確認しましょう。
・自己のビジョン(10年後には、こうなっていたいという具体的なイメージ=目的)を明確にして下さい。
 (具体的イメージを持てない人に向上心は生まれません)
・会社のビジョンと自己のビジョンを重ね合わせて下さい。接点はありますか?
・チームの目標(いつまでに、何を、どのくらい・・5W2H)は、ビジョン達成に繋がっていますか?
・その目標は、高く難しいものですか?但し、達成不可能と感じるものでは駄目です。
(日本代表チーム岡田監督は、記者の質問「日本代表チームがもっと強くなるには何が必要か」に対し、「環境です、厳しい環境で試合経験を積ませてやれば選手はもっともっと成長します」と答えています)
・目的達成のため必要であると感じたら、自分の責任範囲を超えて発言・行動することができますか?

最後に、忘れてならないのがリーダーの存在です。
リー ダーは、コミュニケーションを密にして、メンバーのモチベーションを高く維持していく義務があります。その為にも、リーダーは、部下から信頼され人間的に 尊敬される存在でなければなりません。でなければ、メンバーへの指示は届かず、コミュニケーション自体が成立しなくなります。リーダーに必要な資質につい ては、次回機会があれば・・・・。
リーダーを目指している人も、既にリーダーとして頑張っている人も、人間を磨き(多くの知識を身につける)尊敬される人に成長していくことを期待します。

尊敬できるリーダーと共にチームを育て、
「我が社の強みはチームワークです」と胸を張って誇れるものにして行きませんか。
何故なら、強いチームワークの下で行う仕事は、「楽しく」「わくわく」したものになるからです。それが一番大事です!


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

staff list

selected entries

categories

archives

links

others

search this site.