趣味の話

今回も私の趣味の話をさせて頂きます。それはスポーツ観戦です。
野球、サッカーはもちろんですが、今回お話させて頂くのはモータースポーツの最高峰Formula1、世ではF1と言われている自動車レースについてです。
F1の魅力はそのスピードで、時速は最高速度300kmを超え(今までに記録されている最高速度は2005年にキミ・ライコネンのイタリアGPで記録した時速370km)、新幹線並みの速度の車をハンドル一つで操ります。レース周回数はグランプリによって違いますが50〜70周を走行し、距離にして300km、それを大体1時間半程度で走りきります。レース後のドライバーの体重はその過酷さから2,3kg減ると言われています。最近はあまり見られなくなりましたが、あまりにも激しいレースだとレース終了後気を失って倒れこむドライバーもいました。
過酷な環境に適応するためにF1ドライバー達は尋常じゃないほどのトレーニングを行い、アスリートの中でもトップクラスの強靭な肉体を持っています。

では、F1はドライバーの腕一つで勝負が決まってしまうかというとそうではなく、完全にチームプレーのスポーツです。まずレースに勝つためには何よりも車体の出来具合と強力なエンジンが求められます。その開発のために何十億、何百億のお金と膨大な時間を掛け作製されます。1台の車を作るのに何百人という人が携わっています。
またレース中での作戦も完璧さを求められ、路面の温度によってどのタイヤを使うか、また天候が安定しないレース会場であれば後何分でどれくらいの雨が降ってくるのかを予想し作戦を立てたりします。ピットに入るタイミングを間違えたりすると、勝てたレースも落としてしまうというような事も多々あります。
また、チームは毎レース事の結果をフィードバックし常にアップデートし、車を改善していきます。レースの作戦も同じことが言えます。
F1チームはドライバーを含めそれぞれがプロに徹しています。妥協は絶対にしません。それはレースで無残な結果を残す事になればメーカーのブランドイメージは著しく悪くなりまたスポンサーの面子を壊しスポンサードが受けられなくなる恐れがあるからです。そうするともうレースを続ける事は出来なくなります。レースからの撤退です。ですからどのチームも必死です。

これは我々の仕事も同じではないでしょうか。皆さんはプロに徹していますか。どうすればこの利用者様は良くなるのだろうか、また喜んで頂けるのだろうか。そのような事を常に念頭においているでしょうか。ただルーチンワークになっていませんか。
我々は人の人生をも左右する仕事についているという事を自覚しなければなりません。その事を意識して胸を張って今の仕事が出来ているでしょうか。もし出来ていなければあなた自身の評判を落とすだけではなく、リハステージという会社のブランドイメージをも落とす要因をあなた(私も含めて)が作っている事になるかもしれません。これは会社にもまた利用者様にとっても不幸な事です。
今一度、自分の仕事に対する取り組み方、考え方を見つめ直しましょう。私もそうします。
そんなことを念頭に置きながらF1も見てみたら以外に楽しいスポーツかもしれませんよ。


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

staff list

selected entries

categories

archives

links

others

search this site.