元気、自立、自分らしさ

言うまでもなく、リハステージ、きらら会は、予防の視点も含めた介護事業、医療事業を主体とする法人です。
では、介護とは何でしょう。
お世話? お手伝い?

 

介護保険法 第一条に以下の記載があります。

 

第一条
この法律は、加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病等により要介護状態となり、入浴、排せつ、食事等の介護、機能訓練並びに看護及び療養上の管理その他の医療を要する者等について、これらの者が尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、必要な保健医療サービス及び福祉サービスに係る給付を行うため、国民の共同連帯の理念に基づき介護保険制度を設け、その行う保険給付等に関して必要な事項を定め、もって国民の保健医療の向上及び福祉の増進を図ることを目的とする。

 

下線部に着目してください。
わかりやすく言い換えると、次のようになります。
「介護とは、介護が必要となった方に対して、その方々の能力に合わせたサービスを提供し、自立した生活を送ることができるように援助すること」

 

要するに、ただ単に、身体のお世話や生活の支援をすることが介護ではなく、ご利用者が尊厳を持って自立した生活を送ることができるように個々に支援していくこと、それが「介護」です。
人間の生活機能(生活していく力)は、その人自身の機能(病気や障がいの有無、年齢や性別など)と周囲の方々や環境によって決まります。また、「健康」は、単に身体や心に病気がないというだけでなく、人間としてどのような活動をし、どのような役割を持っているかで大きく変わります。たとえ障がいや病気があっても、人間として健康な生活を送っている人もいれば、そうでない人もいます。


尊厳のある自立した生活には、心身機能・身体機能の状況把握(機能評価)に基づいた様々な専門職による関わりが必要です。
介護サービスを提供することで、
 ご利用者の生活機能が少しでも良くなる(元気になる)、あるいは維持される
 ご利用者の「できること」が増える
 そして、ご利用者の意欲が引き出され、何かをしたいという思い(活動意欲)が芽生える
 そしてさらに、できることや役割が増える

 

これは生活や動作、日々の過ごし方に選択肢が生まれることを意味します。
選択肢こそが尊厳であり高いQOL(Quality of Life)の源であると思っています。


機能訓練により不調な箇所を改善する、様々なお手伝いや支援によりできることが増える、不調が良くなり、できることが増えることで自信をもつ、自信を持つことで少しでも外へ出る意欲につながる、そのような姿をみた家族も利用者を見る目が変わる、これらは、いろいろな職種やそれぞれに得意の様々な手段で関わることで実現できます。

お世話が必要な方にも、ただ単にお世話をさせていただくのではなく、必要な介助、介護を必要な量だけ適切に提供し、できることはなるべくご自分でしていただく、少しでも快適に過ごしていただくことが大切で、そのためには、適切なケアプランと専門家によるアセスメントに基づいて、プロである多職種が関わるというチームアプローチが重要となります。

また、ご利用者を大切にするために、関わる職員も大切にし、職員の元気がご利用者の元気につながる、ご利用者の元気が職員を元気にする、この正の連鎖によって、ご利用者に提供するサービスの質がさらに向上する。

このような好循環を実現させるために、組織はご利用者、職員を含めて、「人」を大切にし続けなければなりません。


グループの理念である、元気を応援する、元気を創る、一歩を応援する、「自分らしさ」を発揮する、光り輝く日々を、これらは、ご利用者やそのご家族だけでなく、社員、職員にも向けた言葉でもあります。

 

事業本部 本部長
大工谷 新一



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

staff list

selected entries

categories

archives

links

others

search this site.