苦手を得意にかえる

人は誰でも得意と苦手、好き嫌いがあるものだと思います。
私も、これだけは絶対できない!と思っていたものがありました。
“できない”と思っていたために自分から踏み出すことももちろんなく、避けて通っていました。
しかし、社会に出て“できない”ことをしないといけない状況に陥ってしまいました。
当時はそんな環境の変化に戸惑い、毎日が嫌で仕方が無かったのを覚えています(笑)
そんなある日、“できない”ことが出来るようになり、いつの間にか楽しんでいたのに気付きました。そして今では“得意”だと胸を張れる自分がいます。
(何がきっかけで変化できたのか大切なところが分かりませんが…)

『苦手を得意にかえる』 には、『孵る力と孵してもらう縁』 が大きいと感じます。
「孵る」とは雛や子どもになることですが、苦手を得意にかえることで初めてスタートできます。
殻を破り、これからさらに成長していくからこその「孵る」。自分の努力なくして成長はないと思います。縁だけに頼るわけでもありません。ただ、その状況にめぐり合わせてくれた縁、導いてくれた縁があったからこその成長です。

私はリハステージや仲間に孵してもらえました。私自身の可能性を広げてくれました。本当にありがたいものです。今後の課題はすくすく自分を育てあげていくことです。
私自身、まだまだ苦手意識やネガティブ思考になりがちです。しかし、今後も自分の可能性にふたをせず、いろんな事にチャレンジしていきたいと思います。
そして、私が孵してもらったように、大切な仲間や大切な人を孵してあげられる環境づくりや、そんな役割を担えたらと思います。さらに、孵した後も見守っていける関係を築きあげていければいいなと思います。

プラス思考!「“元気のタネ”ばらまき隊」を育て隊

“感動”とは、「ある物事に深い感銘を受けて強く心を動かされることと、大辞泉にありますが、私が今回使う“感動”とは、感じ方が動くという意です。


人の言動、行動、感じ方は、多かれ少なかれ誰かの言動や行動に影響されるもの。そして同じ事柄でも、その時のモチベーションやテンションの違いで受け止め方は異なります。
例えばなにか嬉しい事があった時、いつもなら快く思わない事でも気にならなかったり、逆に気持ちが沈んでいる時、他人の何気ない言動に深く傷ついてしまったり…。
プラスに受け止めたりマイナスに受け止めたり、心って勝手なものですね。

このプラスとマイナスの“感動”、些細な事のようで、実はとても大きな力を持っています。
そう、自分の“感動”で周囲の人を前向きにする事だってできるのです。


私は、マイナスの“感動”に影響されないよう心がけ、またプラスの“感動”の輪を広げていきたいと思っています。プラスが増えると、みんながいつも楽しく前向きで居て、いいこと尽くしの気がしませんか。


そんなプラス思考の輪を広げる、『「“元気のタネ”ばらまき隊」を育て隊』が発足しました。
皆さんそれぞれ、心の中に気持ちを明るくする
“元気のタネ”を持っていると思います。数や形は様々で、いろんな種類のものがあると思います。しかし、うまく育てられない人もいれば、自分のタネの存在に気づかず、マイナスの“感動”に傾いている人も居ると思います。

そんな方々のお手伝いを買って出て、プラスの
“感動”に変えていきたい。また、変える事のできる人を育てるのが『「“元気のタネ”ばらまき隊」を育て隊』。
まだまだ隊員見習い中ですが、楽しく自分のタネも育てられています!!


| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

staff list

selected entries

categories

archives

links

others

search this site.