元気、自立、自分らしさ

言うまでもなく、リハステージ、きらら会は、予防の視点も含めた介護事業、医療事業を主体とする法人です。
では、介護とは何でしょう。
お世話? お手伝い?

 

介護保険法 第一条に以下の記載があります。

 

第一条
この法律は、加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病等により要介護状態となり、入浴、排せつ、食事等の介護、機能訓練並びに看護及び療養上の管理その他の医療を要する者等について、これらの者が尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、必要な保健医療サービス及び福祉サービスに係る給付を行うため、国民の共同連帯の理念に基づき介護保険制度を設け、その行う保険給付等に関して必要な事項を定め、もって国民の保健医療の向上及び福祉の増進を図ることを目的とする。

 

下線部に着目してください。
わかりやすく言い換えると、次のようになります。
「介護とは、介護が必要となった方に対して、その方々の能力に合わせたサービスを提供し、自立した生活を送ることができるように援助すること」

 

要するに、ただ単に、身体のお世話や生活の支援をすることが介護ではなく、ご利用者が尊厳を持って自立した生活を送ることができるように個々に支援していくこと、それが「介護」です。
人間の生活機能(生活していく力)は、その人自身の機能(病気や障がいの有無、年齢や性別など)と周囲の方々や環境によって決まります。また、「健康」は、単に身体や心に病気がないというだけでなく、人間としてどのような活動をし、どのような役割を持っているかで大きく変わります。たとえ障がいや病気があっても、人間として健康な生活を送っている人もいれば、そうでない人もいます。


尊厳のある自立した生活には、心身機能・身体機能の状況把握(機能評価)に基づいた様々な専門職による関わりが必要です。
介護サービスを提供することで、
 ご利用者の生活機能が少しでも良くなる(元気になる)、あるいは維持される
 ご利用者の「できること」が増える
 そして、ご利用者の意欲が引き出され、何かをしたいという思い(活動意欲)が芽生える
 そしてさらに、できることや役割が増える

 

これは生活や動作、日々の過ごし方に選択肢が生まれることを意味します。
選択肢こそが尊厳であり高いQOL(Quality of Life)の源であると思っています。


機能訓練により不調な箇所を改善する、様々なお手伝いや支援によりできることが増える、不調が良くなり、できることが増えることで自信をもつ、自信を持つことで少しでも外へ出る意欲につながる、そのような姿をみた家族も利用者を見る目が変わる、これらは、いろいろな職種やそれぞれに得意の様々な手段で関わることで実現できます。

お世話が必要な方にも、ただ単にお世話をさせていただくのではなく、必要な介助、介護を必要な量だけ適切に提供し、できることはなるべくご自分でしていただく、少しでも快適に過ごしていただくことが大切で、そのためには、適切なケアプランと専門家によるアセスメントに基づいて、プロである多職種が関わるというチームアプローチが重要となります。

また、ご利用者を大切にするために、関わる職員も大切にし、職員の元気がご利用者の元気につながる、ご利用者の元気が職員を元気にする、この正の連鎖によって、ご利用者に提供するサービスの質がさらに向上する。

このような好循環を実現させるために、組織はご利用者、職員を含めて、「人」を大切にし続けなければなりません。


グループの理念である、元気を応援する、元気を創る、一歩を応援する、「自分らしさ」を発揮する、光り輝く日々を、これらは、ご利用者やそのご家族だけでなく、社員、職員にも向けた言葉でもあります。

 

事業本部 本部長
大工谷 新一


教えられるのが上手な人と下手な人

あなたは教えられるのが上手な人ですか? 下手な人ですか?


人には教えられるのが上手な人と下手な人がいます。
みなさんにも心当たりはないでしょうか?

 

同じ失敗をしても「仕方がないなぁ…」と何度も教えてもらえる人と、「何度同じことを言えばわかるんだ!」と叱られる人がいると思います。

 

これは教える側の好き嫌いで判断しているのではなく、教えてもらう側にその差があるようです。

 

経営学や心理学では教えてもらえる人のキャラクターとしては、素直さ、好奇心、感謝、教えてもらう時の態度や表情、教えて良かったと思わせる能力(成果の報告など)が挙げられています。

 

教えてもらいやすいというのは利用者さんにおいても同じで、困っているような感じの時に、声をかけてもらいやすい方とそうでない方がおられると思います。

 

教えてもらうのは新人だけに限ったことではなく、人を相手にする我々は、生涯にわたって研鑽していかねばなりません。若い者が年長者から教わることもあり、その逆も多々あります。
利用者さんへの対応では、新人であろうとベテランであろうと教える側になる場面も多いと思います。

 

教えてもらうのが上手な人は生まれてからこれまでずっと教えてもらうことが多かったはずで、教えられたことによる成功体験もたくさんありますが、教えられるのが下手な人はあまり教えてもらうこともできず、教えてもらったことによる成功体験も少ないと思います。

 

教えてもらう立場にあっては教えられやすいキャラクターになった方が得ですし、教える立場になった時には、教えてもらいにくい人に対してもしっかりと教えなければなりません。
これまで教えてもらったことによる成功体験が少ない人はこれからたくさん経験してほしいと思います。
利用者さんへの指導や後輩への指導が難しいと思っている人の多くは、自身の教えられたことによる成功体験が少ない人であることが多いです。

 

教えることや指導が上手になるために、教えられることを上手になってみましょう。


あなたは教えられるのが上手な人ですか?

 

事業本部 本部長 大工谷


当たり前のラインとブランド エクイティ

これからは、医療保険によって長期にわたるリハビリテーションの提供が困難になってきます。また、地域包括ケアシステムにおいては、回復期リハビリテーション病棟は限られた疾患に対して集中的にリハビリテーションを提供する病棟となる可能性もあり、その場合は高度急性期、亜急性期からすぐに在宅医療へ、という流れができると思います。
いずれにしても、住み慣れた地域や居宅での生活を、マネジメントしていくことの重要性が飛躍的に増大するものと考えられます。

在宅医療は、当然のことですが、ご利用者さまご本人とご家族様、および担当者以外からは “見えない” “目が届かない” 場所での医療です。デイサービスでは、潤沢ではない人員が集団に対して介入することになります。
したがって、個々のスタッフが現場でどのようなサービスを提供しているか、あるいは提供したサービスが、ご利用者様にどのような影響をもたらしたかをリアルタイムで観察することが難しい環境です。それゆえ、ただ単に資格があるとか勉強してきたとか、そういう根拠だけで誰にでもできる仕事ではないと思います。
外部に出しても大丈夫な人材、若年健常者に対してでも難しい集団指導を、大先輩である要支援・要介護の方々に行うのに十分な能力のある人材が求められます。結局のところ、“良いスタッフ” が必要になりますが、いわゆる “良いスタッフ” には2つの見方があると考えています。

<内部からみた “良いスタッフ”>
まずは、リスク管理能力が大切であると思います。それに加えて、治療技術、運動指導能力や接遇も大切です。
要するに、一定の効果が出せるサービスを安全に提供できる人材が求められ、かつ、ご家族や他職種と情報交換をする機会も多いので、最低限の接遇力も必要になります。

<ご利用者さまからみた “良いスタッフ”>
これには、顧客満足度とブランド エクイティという視点が大切になると思っています。
ご利用者さまに元気になっていただく、あるいは安全性を担保する(事故やミスを起こさない)というのは当然で、この大小が満足度に繋がります。
具体的には、ご利用者さま、ご家族様、介護支援専門員の方々の期待値を超える効果が出せた時に満足度として反映されますが(図の左3つのグラフ)、効果が期待値を下回った際には不満となってしまいます(図の右端のグラフ)。
まずは、我々の認知度を上げて、ご利用者さまの高い期待値を維持しながら、それを上回る効果を出せるようにならなければなりません。これは、現場力の向上とも言い換えることができます。

一方、期待値をあらかじめ下げておくと、満足度を得やすいという側面もあります。
それでは、サービスの質や我々のイメージがどんどん下がってしまいますので、期待値を下げずに、むしろ大きな期待をもっていただきながら、それ以上の効果をだしていくことが必要となります。

期待値を下げずに取り組んでいくためには、私たちの中の「当たり前のライン」を維持し、段階的に上げていかなければなりません。
救命医が命を救うのは当たり前で、命を救われた方やそのご家族様が喜んでいる姿に喜びを感じることはあっても、救命したことそのものに喜びを感じることはないと思います。なぜなら、救命が仕事だからです。
ご利用者さまを元気にするのが仕事であるなら、元気になっていただくことは当たり前で、それ以上の価値や効果を生み出していくことが、私たち自身の喜びに繋がっていくと思います。

さらに、これに加えてご利用者さまにとっての付加価値があるか、という点が重要であると考えています(図)。
付加価値は期待していたこと以外の効果で、この付加価値がブランド エクイティに繋がります。
ルイヴィトンのカバンはモノを持ち運ぶためだけの目的で買うのではなく、それを持っていることで得られる付加価値を期待していることが多いと思います。それは、他人の目線かもしれませんし、個人の欲求かもしれません。
付加価値は、知らないうちに生み出していることもあれば、戦略的に生み出す場合もあります。まずは、ご利用者さまを大切にし、その思いを理解して、真摯に対応していくことで生まれてくるものであると思っています。
 

同業他社は今後も増え続けると思います。そういった意味でも、治療やプログラムで結果を出せることは当然として、さらに付加価値を創出できる人材と企業イメージが重要となってきます。繰り返しになりますが、基本的なこととして、やはりご利用者さまの想い(ニーズ)を理解できる人材、部門、会社を作っていくことが大切です。
相手の立場で考えることができる、思いやりのあるスタッフが増えていくことを期待しています。

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

staff list

selected entries

categories

archives

links

others

search this site.