自分の心身に関心を持つことの重要性

理学療法士、作業療法士などのセラピストやトレーナーといった仕事は、ご利用者様のからだや生活環境に生じている問題を改善したり、今よりさらに良い動きができるようになることをお手伝いしたりすることが主な役割です。
私自身を含め、この職に就いている方はその目的と職務を果たすため、何とかご利用者様のお役に立ちたいと、日々研鑽されていることと思います。若い方でも普段から自分の技術を向上させようと努力する姿勢にはいつも頭が下がります。

しかしそれに対して、自分の身体や心の状態についてはどうでしょうか。
腰痛や肩こり、その他調子の悪いところをそのままにしていないでしょうか。また、姿勢や歩き方など普段の身体の使い方に十分な注意を払っていると言えるでしょうか。「自分は身体の使い方が上手い」と胸を張って言えるでしょうか。
ご利用者様の立場から考えても、野球が下手なコーチに 「こうしたら上手くなるよ」 と言われても説得力がないことは明確です。また、姿勢の悪いトレーナーに、「このトレーニングをすれば良い姿勢になれますよ」 と言われても同様だと思います。

私は、他者を良くするためには、精神面も含めて自分のコンディションを整えること、自分の身体の使い方 (身体意識) に気を配ることは非常に重要なことだと考えています。なぜなら、私たちが提供している治療やトレーニング指導の善し悪しは、提供する側の身体状態・精神状態に大きく左右されるからです。
一流のスポーツ選手や武道家、優れた治療家などは身体の使い方や姿勢、精神状態に非常に繊細な注意を払います。使い方や姿勢などが、良くも悪くも自らのパフォーマンスに大きく影響することを知っているからです。大きな視点から考えると、身体を使って行う活動である以上、私たちの仕事も同じことが言えると思います。

特にセラピストにおいては、直接相手の身体に触れる頻度が高いため、技術だけでなく、自分のコンディションが相手に与える影響については非常に慎重になるべきだと思います。
日々の学習に加えて、ぜひ自分の心身トータルの状態をチェックし、より良い使い方ができるように取り組んでみて下さい。同時に治療時や訓練時の自分の姿勢にも注意してみて下さい。頸や肩周りや腰周りが十分リラックスできているか、重心位置は安定しているか、など自分なりにチェックしてみて下さい。

セラピスト、トレーナーにとって、自分の身体や心に生じている問題の原因を捉えて自分で解決することは、非常に重要であると同時にとても良い勉強になると思います。

今持っている知識と技術を使って、自分の心身を整えてみて下さい。

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

staff list

selected entries

categories

archives

links

others

search this site.