スポーツ指導者は 『道化師』 ?!

あれは3年前、「ふっ!」と頭の中に入り込んできたのが『スポーツ指導者は道化師』という言葉でした。その後、社内に「なにわの道化師会」を創設し、毎月1回、スタッフと健康づくりを考え、談笑したり課外活動をしたりと大いに楽しんでいます。(因みに6月はBBQ)


そもそも道化師とは、主にフランス・日本ではピエロ(=pierrot)、その他の国ではクラウン(=clown)と言われており、アメリカなどでは数年前から入院中の子どもの心のケアをするクリニクラウン(CliniClowns)、病院などで心のケアをするホスピタルクラウン(HospitalClown)と呼ばれる専門家が活躍されています。
『病は気から』と、笑いには身体の免疫力を上げる効果があり、健康維持や病気の身体にも良いということす。ただ、ホスピタルクラウンなどは、専門の教育を受けたクラウンが、病院内での知識や衛生面を理解したうえで活動していることは言うまでもありません。

このようなことから、『スポーツ指導者』は勿論、医療や福祉・介護スタッフなど、人と接する仕事をされている方々も、楽しさ、おもしろさ&笑いをご自身の業務や、接客などを通じて提供することも重要なことだと感じています。

皆様方はどのように考えますか?

自称『なにわの道化師』である私は、次の5つのことを提案しています。

『おもしろ、おかしく』健康づくりのお手伝いをしましょう。
1) 何にでも、おもろいと感じること!
2) 『楽しい!』という気持ちを常に持つこと!
3) 何をするにも楽しむこと!
4) 人を好きになること!
5) いつも元気であること!

私のひとり言
『スポーツ指導者は道化師』という言葉は、新人研修でお話していますが、有資格者のスポーツ指導者セミナーなどでも理解されてきたと感じております。

「Fujita World」 にいらっしゃい!



新入社員歓迎会を兼ねた大花見会は、4月5日、KKRホテル大阪で楽しく、愉快に進行され、恒例の
社長賞、常務賞、本部長賞の獲得バトルの中、本部長賞を獲得したのはこの方々です。
しんちゃん(吉良)、竹ガッキ―(竹垣)、ルミちゃん(三宅)の3名でした。
そして開宴前の社員総会では、『3ポイントキャンペーン』 の成績発表&表彰式が行われ、見事MVPに輝いたサッキー(津屋)にも副賞としてご招待券を贈ることといたしました。(パチパチ!)

さて、感動が覚めないうちにと4月24日、4名様をご存知の湖中梅田スカイビル店へご招待いたしました。(おめでとう!)
前回、慣れないスマホでの撮影に失敗した教訓を生かし、性能抜群のデジカメで “Fujita World“ を激写してきましたのでお楽しみ下さい。

愉快な仲間に囲まれて、どちらが招待しているのか?
「本部長しっかりせいや〜!」 と言われましても…。 「だって楽しいもん!」


湖中の坪井店長(前列中央)、ありがとうございました。

最後に一言、「仲間って、いいよな!」
なにわの道化師

「Fujita World」 へおいでよ!

株式会社 リハステージでは年2回、全社を挙げての Big Event が行われます。
その中の 「賞品獲得コーナー」 において、社長賞、常務賞と並んで本部長賞があります。
この賞は、役員が社員の皆様と仕事を少し離れ、食事をしながらいろいろな話をしようという意図で企画されたものです。
昨年春開催の 「花見会兼歓迎会」 に続き、「忘年会」 での企画の今回で2回目になります。
日頃から 「おもしろなかったら何にもならん!」 を提唱している私の賞とは、ワイワイ、ガヤガヤと陽気に居酒屋でバカ騒ぎすることにあります。こんなところから仲間意識が生まれ、素敵で素晴らしいチームが出来上がるものと確信しております。

忘年会で本部長賞を見事獲得されたのは、居宅介護支援事業所の植村君、デイサービス中津の田邊さん、配食サービスの櫻井さん。 私の行き付けの店  「湖中梅田店」 にご招待!笑いと涙の感動 (?) の食事会をさせていただきました。
その時の写真は…
私の不注意でカメラを忘れてしまい、慣れないスマホで撮影しましたが見事なまでのピンボケ! これが老いるってことなのか?!

そこで、皆様方に楽しさを伝えるために、1回目の際に撮影した写真を掲載しておきます。



来る4月5日には、今年の 「大花見会兼新入社員歓迎会」 が開催されます。是非、本部長賞に狙いを絞って賞品獲得バトルを制してください。
楽しくて愉快な 「Fujita World」 に、あなたをご招待いたします。
なにわの道化師

お客様といっしょに!

私が現役のスポーツ指導者をしている頃、会員(利用者)へのサービス活動の一環として次のような教育を受けました。もうすぐ60歳を迎える私ですが、いまだに心の中に埋め込まれおります。新入社員の方々にはお話したことがありますが、守られていますでしょうか?

・明るい施設をつくるには、スタッフが明るくなければなりません。
・楽しい施設をつくるには、スタッフが楽しくなければなりません。
・面白い施設をつくるには、スタッフが面白くなければなりません。
・そのような施設を利用するお客様はきっと幸せだと思います。

最近、クレド(credo)を導入する企業が現れています。クレドとは「信条」を意味するラテン語で、「企業の信条や行動指針を簡潔に記したもの」とあります。ザ・リッツ・カールトンのクレドの第2項目のモットーに「紳士淑女をおもてなしする私たちもまた紳士淑女です」とありました。私が教えられた言葉の意味に何か似ているように感じましたのでご紹介しておきます。

我々の仕事はサービス業です。
心にゆとりを持って仕事をしていますか?
からだは元気ですか?
私生活は充実していますか?
等々、心身ともに不健康で充実した日々を送っていないと、悩み事や他人への不満などが蓄積され、周りの仲間や利用者に多くの迷惑をかけてしまいます。明るく、楽しい、面白い施設をつくるのは会社でも上司でもありません。あなた方、スタッフなのです。
社会人としての初歩的な心構えとして、「あいさつ」はできていますでしょうか?今一度確認しましょう。

縁に気づいて 縁を生かす

柳生一族家訓

 この言葉は、徳川家に剣の指南役として仕えた柳生一族の家訓で、柳生宗矩(やぎゅうむねのり)の名言の1つです。新陰流の剣客として知られる柳生十兵衛は、柳生宗矩の長男です。
ひょんなことで、この言葉を高級な木片に彫ったものをいただきました。この名言を彫った方も相当有名人らしいですが、残念なことに私は知りません。

「縁」は誰にでも起こっており、出会っているものです。人との「縁」、この出会いに気づけるかによって人生が大きく変わってくるのではないでしょうか。「縁」に気づかないより気づいたほうがいいのに決まっていますよね。

大 才の『袖すり会った 縁をも生かす』って近江商人の強い商売気(失礼)を感じますが、みなさんはどう思われますか? 小才の『縁に出會って 縁に気づかず』では困りますが、大才のようでは偏り過ぎのようにも感じます。また、中才の『縁に気づいて 縁を生かさず』では出会 いを捨てているような感じがします。もう少し上であってほしいです。
中才と大才の間がちょうどいい感じかなぁ!

『縁に気づいて 縁を生かす』

(私が勝手に作った言葉ですので誤解のないように…)
これでいかがでしょう。

少し勇気を持って縁を生かしてみませんか?
な〜あに!そんなに難しいことではないと思いますよ。出会いを大切にして、誰にでもあいさつをして、笑顔で声をかけて見て下さい。中才と大才の間のちょうどいい感じのいい愉快な人生を味わえるのではないでしょうか?

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

staff list

selected entries

categories

archives

links

others

search this site.