勇気とともに行動に

訪問看護ステーションの理学療法士、岡田です。
リハステージに入職して5年が経過し、ブログを書くのも3回目となりました。
入職当初は20代、若手と思っていたのも束の間、ステーション内ではあっという間に中堅になっていました…。

 

話は変わりますが、リハビリテーションで訪問している利用者様のお話をさせて頂きます。
この方は、以前はバリバリと働いておられた方ですが、難病の発症・悪化とともに早期退職をされています。
しかし、現在もとてもアクティブで前向きなモチベーションを持って生活をされていて、ご自身がやりたいこと、思ったことを行動に移せる方です。


ひとつ例に出すと、その方はご自身が入院中、入院されている身でありながら病院を巻き込み、他の患者様を巻き込み、自身が良いと思ったリハビリテーション・レクリエーションを、講師として病院で指導されていたというのです。
一連の流れとしては、その方は入院中「病院でも私ができることはなんだろう?」といったことを考え、ご自身の得意分野の企画を病院に提出し、企画のプレゼン・修正を行い、実施にこぎつけたと。企画は大成功し、入院期間中は毎日行われ、他の患者様も大満足。同じ難病の方も勇気付けられて一緒に頑張れたと。

 

衝撃ではないですか?「活動」と「参加」、病院から始まっているのです。しかも患者様発信!! そんな発想・行動力は、逆に医療人側は当て嵌められた枠の中でばかりのイマジネーションになってしまい、思いもつかないですよね。枠にとらわれないというか、率直にすごいです。

 

超高齢化社会、2025年、地域包括ケアシステム、「活動」と「参加」、よく耳にするフレーズで、実際問題、頭が痛くなるような課題は満載ですが、良いものを提供することに決まった正解はないと思います。
アイディア、モチベーションを勇気とともに行動に移し、より良いものを、このリハステージから発信して行きたいと思います。


*ちなみにこの方は復職(社会復帰)を強く望まれており、これからご支援していきます!

 

訪問看護ステーション
主任 理学療法士 岡田


表情で周りを明るくする

はじめまして、デイサービス リハステージ日本橋事業所の山本です。

人間には、様々な表情があります。

相手の表情を見て、怒りや喜び、驚き、悲しみなどといった感情を感じることができます。

 

さて、皆さんは、一日に「笑う」ことが、どれくらいあるでしょうか?

私は普段、利用者様とコミュニケーションをとる時に大声で笑うことがよくあります。


以前、中津事業所に勤めていた時、ある利用者様から、

「山本さんの笑った顔や笑い声を聞くと、すごく安心した気持ちになるわ」と言われました。

また別の利用者様は、「姿が見えないところからでも、山本さんの笑い声が聞こえると安心するわ」と言ってくださいました。
私はそれを聞いて、すごく嬉しい気持ちになりました。
笑顔はもちろんのことですが、笑い声だけでも人を安心させる効果があるのだと知りました。
それから、私は利用者様に「こころから笑った笑顔」を提供できるように心掛けました。日本橋事業所に異動して一年が経ちましたが、そのことを日々忘れないように仕事をしています。

 

笑顔は、周りだけでなく自分の気持ちまでも和やかな雰囲気に変えてくれます。笑顔でいる人の周りには、大勢の人が集まり楽しそうにしています。ごく当たり前のことですが、皆さんも普段から笑顔を大切に、日々生活してみてはいかがでしょうか。

 

デイサービス リハステージ日本橋
事業所責任者 主任 山本 晃太


巧遅は拙速に如かず

こんにちは。
8月からリハステージに入社しました、介護事業部 課長代理の田中直樹です。
お笑い芸人のココリコの田中さんと同姓同名です。漢字は違いますが、田中眞紀子さんのご主人とも同姓同名です。これをきっかけに少しでも覚えてもらえると嬉しいです。

 

さて、題名にもある「巧遅は拙速に如かず」という言葉を聞いたことはありますか?

読み方は、「こうちはせっそくにしかず」で、意味は「仕事の出来が良くて遅いよりは、出来は悪くとも速いほうがよい」です。

仕事の出来が良い方がいいに決まっている!ごもっともな意見です。
では、1つ例を挙げてみます。


上司からある資料を作るように指示を出されたAさんとBさん。期限は3日後です。Aさんは100%の内容の資料を4日後に提出し、Bさんは70%の内容の資料を2日後に提出しました。

あなたが上司ならどちらを評価しますか?

 

私は期限を守っているBさんを評価します。
Aさんの場合、仕事に完璧さを求める姿勢は素晴らしいのですが、時間がかかりすぎています。この上司が3日後の会議で資料を使いたいとすれば4日後に完璧な資料を提出しても何の意味もありません。上司からの信頼を失うだけです。

 

これは何も上司に対してのみではありません。私たちの仕事は人を相手にします。
何か問題が起きた時、すぐに対応できれば、利用者様やご家族、ケアマネージャーなどから信頼を得られやすく、次のチャンスにも繋がりやすくなります。

ただ、注意してほしいのは、早ければ出来が悪くても良いという意味ではないということです。30%の出来の資料を翌日に出せばこれはこれで上司の信頼を失いかねません。パパっと書いた報告書をケアマネージャーやご家族にお渡しするなど言語道断です。出来が悪いことの言い訳に使ってはいけないのです。

 

出来る限り高品質なものを素早く提供する…これは容易なことではありません。私自身上手くいかないことも多く、研鑽の日々です。皆さんも一緒に周りから信頼される個人、会社を目指しましょう!

 

介護事業部 課長代理 田中


| 1/30PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

staff list

selected entries

categories

archives

links

others

search this site.