『人は捨てたもんじゃない!』『動けることのありがたさ』

今年1月末に左寛骨臼骨挫傷のため約2週間の入院生活を送った。

 

小雨の降る寒い夕方自転車で走行中、車道から歩道に上がろうとした時に前輪が滑り転倒した。見ていた人によると、「かなり飛んでいた!」と(笑)
直後は「痛い」より恥ずかしさが大きく、声をかけてくれる方々に、「大丈夫です」「少しじっとしていれば治ります」と強がりな発言。心の中では「こんなん痛すぎて立ち上がることもでけへん。骨折れたかも?入院?仕事休まなあかん。みんなに迷惑かけるなあ〜」と、うろたえながらも歩道でしばらく座り込んでいた。

 

道路を挟んだ向かいのガソリンスタンドの方が、「救急車呼んだろうか?」と2度ほど声をかけてくれます。通りすがりの女性が血を流している膝にタオルを当ててくれます。信号で停止したトラックの運転手さんがわざわざ車から降りてきて「姉ちゃんだいじょうぶか?」と声をかけてくれます。
こんな時でも(姉ちゃんって言ってくれた。おばちゃんじゃなくてよかった)なんて思いながら時間が経過。いつまでも座り込んでるわけにも行かず、ともかく自転車に乗って移動しようとまず立ち上がろうと挑戦するも1人では立ち上がることもできず。
雨で人もあまり歩いてなくて、思わず向かいのガソリンスタンドのお兄ちゃんを手招きして近くに呼び寄せる。「すみません。後ろから抱えて起こして欲しいですねん、ほんで、自転車に座らせて」とお願いする。
何とか自転車に座れることができ、約30分の距離を再度自転車にまたがり事務所まで帰る途中も、信号待ちなどですれ違う何人かの方が「膝から血が出ていますよ。大丈夫ですか?」と声をかけてくださり、本当にみんな親切。親切。


事務所に着いて、今度は自転車から降りることもできずまたがったまま待つこと10分。

同僚が戻り、抱きかかえて降ろしてくれる。怪我の手当てをしてくれ、濡れた身体を拭いてくれて、温かいコーヒーを買ってくれる。といたせり尽くせり。

とりあえず近医を受診しようと思うも、自転車でここまで帰ってきたのが夢やったんか?と思うほどの痛みで足が一歩も出ず。同僚が車椅子を病院に借りに行ってくれる。急な坂道を押してもらい何とか受診。勤務終了時間も過ぎているのに受診が終わるまで事務所で待機してくれていた。

 

皆さんのおかげで何とか自宅の近くの病院を受診し、無事入院。
今度は入院先の看護師さんやヘルパーさんのお世話になり、忙しくしている家族の代わりに毎日病院に通ってくれた友達のお母さんのお陰で安心した入院生活を送れました。

 

最初は、ベッドから足が落ちても自分で上げることもできず、寝返りを打つこともできず、もちろん排泄も自分ではトイレに行くこともできず。の3日間でした。
痛みも徐々に治まり、ベッドから起き上がる練習、降りる練習、そして車椅子での自力走行。松葉杖を使っての歩行練習。
朝、目が覚めてベッドから真横の洗面所に立てるまで約20分。次にトイレまで5メートルほど移動するのに約10分。便坐に座るまで3分。などなど何をするのも時間のかかる事!かかる事!普段からせっかちな私は、イライラの毎日。


家に帰ってからも、マンションの玄関の鍵は開けられても、重いドアが開けられない。玄関で靴を脱ごうにも椅子に座らないと脱げない。部屋についても10僂曚匹涼丙垢怖い。トイレに手すりがないと便坐に座れない。お風呂の椅子が低すぎて座れない。浴槽が跨げない。松葉杖を持っていると洗濯物もうまく干せない。流し台にも椅子がないと炊事ができない。ベランダにごみを捨てに行くことも一苦労。

その様子を見ていた家族が、コロコロのついた椅子やベッドから一人で起き上がれるように紐をつけてくれたり、トイレに置く手すりの用意。そして友達やそのお母さんが、つい最近まで自宅介護でお母さんが使っていたお風呂用の高い椅子、杖等と少しでも楽に過ごせるようとに貸してくれました。(ありがたい!)


日が経ち片方だけの松葉杖になるも、足と杖の出し方がわからない。
今まで利用者さんには簡単に1番杖、2番左足、3番右足と言っていたが、いざ自分が歩こうと思っても、足の出し方も考えないと踏み出せない。


長い自宅療養を終え、いざ出勤。

電車でも杖を持っていると、椅子取りゲームのごとくやっと確保した座席を譲ってくれる方が居て、親切に甘え座るも何かお尻がもぞもぞする。代わってくれた方に申し訳なく居眠りもできず、携帯をさわることも悪いように思う。

仕事中もスタッフが私の行動をよく見ていて、重いものを持つとすぐ代わってくれる。椅子を出してくれる。また雨の日は、「駅まで危ないから」と車で送ってくれる。

 

こんな体験をして、利用者さんの気持ちが今更ながら理解できてくる。
今まで以上利用者さんの気持ちに寄り添い、少しでも良い看護がしたいとつくづく思い知らされました。

 

皆さんも今一度、ふつうに動ける事のありがたさに感謝し、あと1歩利用者さんに寄り添うことをお願い致します。利用者さんの笑顔が増えると思います。きっと。

 

訪問看護ステーション

課長代理 看護師 嶋田 裕子


天職だと思えること

はじめまして。事業連携教育本部R&Dセンター、戦略企画推進事業部の古澤です。
リハステージに入社し、2年目になりました。大阪に引っ越してくるまでは、愛知県の病院と大学で10年間、作業療法士として、日々の臨床や教育に携わってきました。
リハビリ=理学療法のイメージをもたれる方が多いように感じますが、作業療法士の仕事をご存じでしょうか?

この機会にぜひ、日本作業療法士協会の「作業療法士ってどんな仕事?」をご覧ください。

 

今年で作業療法の免許を取得して12年目になり、ようやく認定作業療法士の資格を取得できました。認定作業療法士とは、日本作業療法士協会が作業療法の臨床実践、教育、研究及び管理運営に関する一定水準以上の能力を有する作業療法士として認定したものをいいます。

現在、日本には約8万人の作業療法士がいますが、そのうち認定作業療法士は900名弱です(平成29年6月現在)。

認定を取得するには、全国各地で開催される研修に参加したり、様々な講習会等でポイントシールを集めたり、事例登録や学会発表、論文執筆を行うなど、取得要件をクリアしなければなりません。多くの時間と費用を費やしてきたので、先日、手元に認定証が届いたときには本当に嬉しかったです。

取得までの日々を振り返ると、全国各地で開催される研修では、様々な分野で活躍される作業療法士に出会いました。作業療法士として、日々の楽しみや悩みを共有しながら、たくさんの刺激をもらい、次の日からの臨床や教育の活力になっていました。自己研鑽を積極的に行う仲間に出会えたということは素敵なことだと思いました。

 

私は作業療法士という仕事が大好きで天職だと思っています。新人の頃、誰よりも先に病院に出勤して掃除をし、作業療法室のカーテンを開けるときに「今日も事故が起きませんように!」と毎日、お願いしていたのを思い出します。

また、休みの日も病院にクライアントの状況を確認に行っていました。その時に養成校の教員に「それは病気だ」と笑われたのを思い出します。あの頃は本当に作業療法士の仕事が魅力的で、人(クライアント)が大好きで、毎日が楽しく、キラキラしていたと思います。
現在は、訪問リハビリテーションで作業療法を提供する機会があり、生活期の作業療法の難しさ、面白さを日々実感しているところです。たまに、自転車を漕ぎながら、一人会議を行い、自分の不甲斐なさに泣きながら帰社することもあります。クライアントにとって、最善の介入ができているか、「これでいいのですか?」と自問自答しながら、生涯学習の必要性を実感しています。そのため、これからも学会で発表したり、論文を書いたり、次の資格取得を目指そうと思っています。

スタッフのみなさんもぜひ、自己研鑽を積極的に行う仲間を見つけること、そして自らもブラッシュアップするために学会発表や資格取得など目指してみてはいかがですか?目の前の仕事に対して、考え方の幅が広がり、自分の引き出しが増えると思いますよ。

 

そしてもう一つ、お伝えしたいこと。それは、事業連携教育本部・R&Dセンター、戦略企画推進事業部に所属している使命として、クライアントが幸せであるために、そしてスタッフのみなさんの毎日が楽しく、キラキラした人・環境であるために、努力していきたいと思っています。そこで日々の悩みや困りごとの相談をお待ちしております。

R&Dセンターのメンバーからは“古澤では力不足”と却下されておりますが、恋愛相談も受け付けておりますので、お気軽に話しかけてくださいね。

 

事業連携教育本部 R&Dセンター

戦略企画推進事業部
係長代理 古澤


目標と目的を理解しましょう

【はじめに】

こんにちは、4月より皆様の仲間に入れていただくことになった木村です。

事業連携教育本部長(R&Dセンター)と戦略企画推進事業部長を兼任させていただいております。この部署はどういった役割かと簡単に解釈しますと品質管理です。

どのサービスでもそうですが、介護福祉現場では特に対人商売ですので、スタッフ個々の「人間力」が何よりも求められます。介護福祉サービスにおける品質とは、スタッフ皆さんの「人間力」の総和です。ここで私が表現したいことは、自分も含めて皆さんと一緒に人間力を高めていくプロセスを経験しながら、品質管理を通じて利用者さんや地域社会に貢献する。ということを目標に掲げていきたいと思います。

 

【目的は何でしょう?目標との違いは?】
さて、目的と目標の違いをお話しする前に。地域にはリハビリ型デイサービスがまだまだ数多く営業しております。そのような厳しい営業状況の中で、利用者さんは「どこかを選ぶ」という選択をします。

何を基準にどういう選び方をするのでしょうか?

もし、自分が逆の立場であったらどういう事業所を選びますか?

利用者さんが通所する目的は何でしょうか?

暇だから来る。という方はほとんどいないと思います。皆さん、何らかの目的があってリハステージを選び通所してきているはずです。利用者さんの目的にもきちんと向き合っていきたいですね。

 

目的=目標+意味


これはよくビジネスのキャリアアップ研修等でお話に出る公式です。

 


「目的」と「目標」の違いを考えるためにイソップ寓話の「三人のレンガ職人」の話が有名です。

 

あるとき、完成まで百年かかると言われている教会の工事現場で3人のレンガ職人が働いていました。そこを通りがかった旅人が3人の職人それぞれに「何をしているんですか?」とたずねました。

 

一人目のレンガ職人は「見ればわかるだろう。レンガを積んでいるんだよ」と不機嫌に答えました。
二人目のレンガ職人は「レンガを積んで壁を作ってるんです。この仕事は賃金がいいからやってるんですよ」と答えました。
三人目のレンガ職人は「教会を作っているのです。この教会が完成すると多くの信者が喜ぶことでしょう。こんな仕事に就けて幸せです」と笑顔で答えました。

 

この3人に共通なものは何でしょうか? 3人とも、この日のレンガ積みのノルマや、今やっている作業の期限などの「目標」は持っているはずです。3人とも持っているものは「目標」です。

 

それでは違いは何でしょうか? それが「目的」です。
一人目は「目的」を持っていません。「目標」を達成することだけ考えて作業をこなしているだけです。
二人目はおカネが「目的」です。少しでも多くの賃金をもらうことが大切なのです。家族を養っているのかもしれないですね。
三人目は人の役に立つことが「目的」です。レンガを積んでいるのではなく、多くの人の喜びをもたらすための教会を作っています。

 

この話は、同じ仕事をして、同じように「目標」を持っていたとしても、「目的」は人によって違うということ。そして、その「目的」により人生も変わることを教えています。それぞれの職人の 10 年後へと話は続きます。

 

一人目は、10 年後も相変わらず愚痴をこぼしながらレンガを積んでいました。
二人目は、もっと賃金のよい仕事があったと言って、最も危険な教会の屋根の上の仕事に就いていました。
そして三人目の職人は、知識や技術を積み、仲間の信頼も厚かったので現場監督となり、多くの職人を育てる立場になっていました。

 

さて、あなたは何人目のレンガ職人と同じですか?

 

色々と示唆に富んだ寓話ですね。皆さんの今の仕事、どうですか?目的を意識して働くということで未来が大きく変わる可能性があるということです。

 

ただ、漠然と生活費を稼ぐために働くのは、つまらないと思います。何のために働くのかという意味を考え、目標に向かって取り組むことが大切なんじゃないかと思いました。


心が変われば、行動が変わる。
行動が変われば、習慣が変わる。
習慣が変われば、人格が変わる。
人格が変われば、運命が変わる。


職場は、自己実現・自己表現の「場」であっていいと思います。リハステージというフィールドを使って、皆さんの表現したいことを実現させる。その結果、最終的には地域やリハビリテーションが必要な利用者さんの利益に還元されると思います。これから様々な形で研修や研鑽の環境を整えていきます。皆さんも「自律的」にR&Dに関わっていただけたらと思います。長くなりましたが、引き続きよろしくお願いいたします。 

 

事業連携教育本部長
戦略企画推進事業部長 木村


| 1/29PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

staff list

selected entries

categories

archives

links

others

search this site.