一歩踏み出す勇気

訪問看護ステーションの管理者となり一年が経ちました。
初めはよくわからないまま、訪問看護ステーション協会の仕事や区役所主催の活動を担当者の方々と一緒にさせていただきました。

私は人前に出ることが苦手なので管理者として外部とうまく関われるのか不安でしたが、今年度の目標を「苦手克服」「初めてを挑戦」としていたので、とにかくやってみようと思い取り組みました。


まず積極的に仕事を引き受け、顔と名前を覚えてもらうことから始めました。

多職種連携研修会では、事例の発表担当を引き受けました。
浪速区の医療や介護に携わる方が、合わせて約100名も参加する集まりです。

 

「発表は緊張するな…」

「資料作成にも心が折れそう…」
など、ネガティブな感情が出てきましたが、後戻りはできないのでやるしかない!

発想を変え、「100人の人に自分たちのステーションのアピールができる」と、自分自身を鼓舞しました。

 

自宅では娘と2人並んで机に向かいました。
娘は漢字検定の勉強のために、私は事例発表の準備のために。


国語が好きな娘に漢字検定を受けてはどうかと勧めたとき、

「そんなんいらない。検定とか緊張するし。受からなかったら恥ずかしいし」と否定されました。ですが、何事もやってみなければ結果なんてわからない、と話をしました。

以前、娘にピアノの発表会で緊張しないのかと聞くと、彼女は、
「舞台の袖ではかなり緊張やけど、名前呼ばれて一歩踏み出すと、『上手に弾くからみんな私を見て!』ってなるねん。それに、かわいいドレス着てるし練習の成果をみんなに見せたいやん」「ママが『発表は練習の成果を見せる機会で、頑張ってやってきたことを披露するとこ』て言うてたし」と。そうか…子供ながらいろんな挑戦をしたことで成長したんだ。私も負けていられないなと思いました。


事例発表の日の出勤時、娘に、「おうちで応援してるから!」と激励を受けたおかげもあり、無事に良い発表が出来ました。

その後、「事例発表聞いて訪問の依頼をしたい方がいるのですが」とうれしいお声掛けもいただき、私の初めての挑戦はまずまずの成功だったのではないかと思います。

 

一歩踏み出す勇気
この経験を生かし、今後も自己研鑽をしていきたいと思います。

 


<恐れないでよいこと>
まだ定まらない未来に 

「恐れ」と「あきらめ」 

を抱くとき、 

ひとは、 

みずからの「芽」を 

つんでしまうことも 

あると心しましょう

【出典:lineblog.me 叶姉妹オフィシャルブログ】


プレッシャーをコントロールする

はじめまして。昨年、12/16に入社いたしました福原と申します。総務職としてお役に立てるよう精進してまいります。慣れないうちは皆様に何かとご迷惑をおかけすると思いますがどうぞよろしくお願いいたします。

 

人は様々な局面でプレッシャーに遭遇します。
例えば野球なら2アウト満塁でバッターボックスに立つ自分。仕事で大勢の人の前でプレゼンをする自分。
普段のリラックスしている状態ならこなせる自信があるのに、プレッシャーが邪魔をして身体や気持ちをうまくコントロールすることができずに失敗してしまう。失敗がストレスを生み、ストレスが挑戦する気持ちを阻害しまた失敗するという負のスパイラル。

私も結構なあがり症でして、手のひらに「人」の字を書いて飲み込んでいましたが、それでは何の解決にもなりませんでした。

 

ある日、友人とゴルフに行った時の事です。1ホール目のティーショットを、私が最初に打つことになりました。あまり練習もしておらず、まっすぐ打てる自信は「ゼロ」。まわりの目も気になり、何度も素振りをしてはなかなか打てずにいると、友人に、

「すごい顔してるぞ!怖い怖い!もっと笑って」と言われました。

自分では気づかないのですが、恐らくプレッシャーによるストレスでこわばった顔をしていたのだと思います。
言われるがまま一度仕切り直して笑いながら打ってみますと、ふっと力が抜けて何とかうまく打てました。その日のスコアはさておき、何気ない行動が自分を落ち着かせる要素になったのだと感じさせられる出来事でした。

 

プロの選手が行うルーティンってありますよね。
ラグビーの五郎丸選手、メジャーのイチロー選手に代表される勝負の前の「手順」「型」とでも言いましょうか。
ルーティンが必ずしもいい結果に繋がるとは限りません。
しかし「過度な重圧」を「適度な重圧」に変える自分なりの形。これが「コントロール」だと思います。もちろん人によって様々ですが、今までの自分の経験則から力を引き出せる形を試行錯誤してみる。皆さんはルーティンをお持ちですか?

 

因みに「笑う」ことは相手の印象をよくしたり、ストレスを軽減させるだけでなく、自己免疫力をUPさせるという効果もあるそうです。困った時はまず笑ってみましょう!

 

管理部 課長代理 福原


2度の新入社員を経験して

こんにちは。デイサービス リハステージ中津の新原です。
リハステージに入社して約4年半が経とうとしています。


私は2年制の専門学校を卒業し、在学時から希望していたフィットネスクラブに就職しました。

しかし、2ヶ月程しか務めることができませんでした。続けることができなかった理由は幾つかあります。
1つ目の理由は、配属先が私の希望していたジムのトレーナーの仕事ではなく、水泳のコーチだったこと。希望していない職種だったこともあり、仕事に楽しみを見つけたり熱を注ぐことができませんでした。

当時を振り返ると、私はとても未熟で、任された仕事に対して、やりたくない、楽しくないとネガティブな言葉ばかりを並べて逃げていただけでした。
2つ目の理由は、新入職員に対しての研修制度です。右も左もわからない新入職員に対して細かな仕事内容の説明などはなく、先輩の行っている水泳教室に2・3回入るのみで、その後は一人で教室を持たなければならない環境でした。困った時、悩んだ時にすぐに誰かに相談できる環境がなく、自分の行っていることが正しいのかさえ分かりませんでした。

この出来事も、今振り返ってみれば、もっと先輩に話を聞くことができたのではないか、分からないことを聞くということに遠慮していたのではないか、など、聞かなかったことへの後悔があります。

 

2つの出来事が重なり、1回目の新入社員は2ヶ月程で終わりました。
働いた期間が短かった為、再就職は難しく、就職試験を受けても内定をもらえない期間が何ヶ月も続きました。

 

その後、ご縁がありリハステージに入社することになりました。

 

学校を卒業する時に希望していたジムのトレーナーではありませんが、一生懸命にリハビリに取り組まれている利用者様の姿に感銘を受け、何か自分に出来ることはないだろうかと仕事に楽しみややりがいを見つけることができました。
また、研修は1人1人のペースで進み、苦手なことや出来ないことには出来るまで先輩がとことん付き合って下さいました。分からないことはすぐに先輩に聞くことができる環境があり、当時の私にとってはとても恵まれた環境でした。

 

こうして2回目の新入社員がスタートし、現在もトレーナー・介護職員として利用者様のリハビリに関わらせて頂いております。

 

来年4月には、新入社員が入社します。
1人1人タイプは違いますが、私が過去そうであったように新入社員は「聞く」ことに対してどうしても遠慮しがちです。そんな時、私たち既存スタッフから寄り添い、聞きやすい環境に整えてあげることが大切であると考えます。


| 1/27PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

staff list

selected entries

categories

archives

links

others

search this site.